美容師。思った通り大変だった。

美容師を七年していました。
美容師は大変だとよく聞きますが、まさにその通りでした。

まず技術者になるためにアシスタントの仕事をします。

技術者になるためには個人差はありますが何年かかかるため、まずはじめはアシスタントとしての過酷な修行がまっています。

まずとても朝が早い。新人は一番乗りで店につき、掃除、開店準備、色々やることがたくさんです。

そして朝練をします。技術者になるためには朝と夜の時間を使います。残業代、早朝手当なんてものはもちろんでません。

休みの日も朝練をしにだけお店に行きます。

更に新人の頃はとても給料が安い。即戦力になれていないので当たり前なのかもしれませんが、営業後には夜の練習もまっているので、トータルの時給を考えるとまさにブラック企業です。

技術者になればお給料もアップしますが、その最初の時点で脱落する方がとても多いです。正直毎日フラフラです。

しかし全てが大変なんてことはなく、好きなことを仕事にしているので、少しずつ仕事を覚えていくと、やりがい、達成感があります。

そして直接お客様に「ありがとう」と言ってもらえます。
自分を信頼してくれて通ってるお客様に出会えると、本当に幸せな気持ちになります。