ナイトワークは自分を成長させる

ナイトワークとひと言でいっても、数多くの種類があります。普通の昼間の仕事に比べ、体力的にもきついこともありますが、夜でこそ体験できることも少なくありません。

ナイトワークと聞いてまずピンとくるのは、俗にいう「お水」つまり水商売ではないでしょうか。働き方としては短絡的になりますが、昼間の仕事より短い時間で、効率よく収入を稼げることはメリットのひとつです。気を張っていないと流されやすく、金銭感覚が狂いやすいので、注意は必要になります。
水商売でもスナックやガールズバーのほかキャバクラやクラブなど、とてもたくさんの形態があり、境界線もそこまで厳密にしていないようです。このなかで言葉遣いやマナーであったり、社会勉強になるのはクラブではないでしょうか。お店にはランクがあり、働くのであれば、一流のところに限ります。なぜ違うのかといえば、客層が変わると結局は働き方も変わってくるからです。一流のところには政財界のトップや著名人なども集まるため、会話力や対応力だけでなく、機転や人間的な器など、いろいろな面で成長することができます。

try18 登録