ビフィズス菌の乳酸菌の違いって何?

ビフィズス菌と乳酸菌はどちらも腸に良いものとして知られており、同じものと考えている方も少なくありません。

しかし、実際のところ、菌の種類や生息場所、働きには大きな違いがあり、まったくの別物なのです。
まずビフィズス菌と乳酸菌の違いですが、そもそも生物学上の菌属が違います。
ビフィズス菌はビフィドバクテリウムに属しており、乳酸菌はラクトバチルスやラクトコッカスに属しています。
またビフィズス菌が主に人や動物の腸内でしか生息できないことと比べて、乳酸菌は自然界のどこにでも生息することが出来る性質を持っています。
人間の体内での作用に関しても、ビフィズス菌は糖を分解して乳酸と酢酸を作り出しますが、乳酸菌は乳酸だけとなっています。
このように比較してみると、二つの菌は似ていて非なるものであることが分かるはずです。
ただし、どちらも広く世に知られている通り、腸にとってよい効果をもたらす菌であるといえ、また二つを一緒に摂ることでその効果を高める相互作用があるのです。

参考サイト:スーパーフードの効果