日本の高齢化について

現在の日本の高齢化率は26.0%(平成26年度時点)と、4人に1人が65歳の高齢者という時代を迎えてから、すでに数年が過ぎています。これからの時代、重要な問題となっていくのが「介護」です。 その昔、高齢者は家族が家で介護するのが当たり前、施設に入所させることは後ろめたいものと考えられていました。実際、そのような施設は田舎の山奥、ひと気のないさびしい場所に建てられることが多かったのです。しかし現在、新しい介護施設が次々と開設されています。建てられる場所も、新しい住宅地の中であったり、家族が面会に来やすいよう駅の近くであったりと、イメージも変わってきています。このように、介護を辛い・暗いものとして目を背けるのではなく、明るい・前向きなイメージが作られてきています。また入所させるだけではなく、家族に向けての介護教室や、相談窓口として出入りしやすい雰囲気作りもされており、これからの高齢化社会を支える場所となっています。

関連サイト:【遺品整理】不用品処分は出張買取が超便利!【引越】