高くなっているカニの原因とは

日本海側で獲れるズワイガニですが、どうやら値段がどんどん高くなっている模様です。

というのも、カニの密漁や密輸を防ぐための協定ができたことによって、ロシアからの輸入が減ったんですよ。

だから日本で流通するズワイガニの全体量が減ったことによって、ズワイガニの価格が高騰したものと考えられます。

セリではやはりオークションのようにどんどん値段を入札していくシステムなので、全体のズワイガニの量が減れば競争が激しくなるのは当然ですよね。

鳥取県の水産課の発表によると漁獲量自体は昨年とほとんど変わりがなかったにもかかわらず、競り値は昨年より2割も高くなっているということです。

日本に流通するズワイガニは輸入物も多いですが、輸入量自体も減っているので、こちらの価格も上がっています。

しかし、毎年蟹通販でカニを購入している感覚でいえばそれほど消費者には値上げしたという感覚は無いような気がします。

これは販売店の企業努力のたまものなのかもしれませんね。しかし、これ以上ズワイガニの値段があがると我々消費者にもダイレクトに影響があるかもしれません。

ズワイガニの通販サイトは安い